新しい管理画面のオンラインヘルプを見る

自作したフォームに対応させる

【注意】作業の前に必ず「登録ページ作成」を行ってください。

お持ちのサイトやランディングページなど、あらかじめデザインが決まっているものに
フォームを対応させる場合、登録ページ作成画面の『HTML記述例』から
必要なタグをコピーしてサイト側に貼り付け、必要な個所を編集してご利用ください。

必要なHTMLタグ(『HTML記述例』画面)

※レスポンシブ対応(フォームサイズの最適化)については、お持ちのサイト側で
 カスタマイズしていただくようになります。

 <必要なHTMLタグの詳細>
  ・<FORM>タグ内のaction先URLの変更
  ・文字コード指定用の<input>タグの追加
  ・登録先シナリオ指定用の<input>タグの追加
  ・各入力項目(<input>タグ)のname属性変更

※フォームのデザインが決まっていない場合や、ベーシックなオートビズのフォームを
 そのまま貼り付ける場合は、HTML記述例からHTMLをコピーして
 お持ちのサイト側に貼り付けてください。

<form action>(form action)の指定タグ

タグ内にあるaction先と、弊社システムのURLにします。
フォームに入力された情報を暗号化する場合、SSL対応のURLをお使いください。

※URLの「××」「アカウント名」は書き換えてください。

SSL対応 <FORM action="https://××auto.biz/アカウント名/planmail.php" method="POST">
SSL非対応 <FORM action="http://××auto.biz/アカウント名/planmail.php" method="POST">

<mcode>(文字コード)の指定タグ

【注意】ページの文字コードとオートビズ側の文字コードが違うと文字化けしてしまいます。

<参考>自作ページの文字コードを確認する方法

自作ページの文字コードに合わせて、システムに渡す文字コードの設定を行います。
文字コードは必ず大文字で指定してください。

<INPUT type="hidden" name="mcode" value="文字コード">

Shift-JISの場合 <INPUT type="hidden" name="mcode" value="SJIS">
EUCの場合 <INPUT type="hidden" name="mcode" value="EUC">
UTF-8の場合 <INPUT type="hidden" name="mcode" value="UTF-8">

<pid>(シナリオ)の指定タグ

【注意】このタグが設定されていないと、フォームからの登録時にエラーが出ます。

どのシナリオに登録させるかを判別するためのタグを設定します。
pidはシナリオ管理メニューから確認いただけます。

<参考>pidについて

<INPUT type="hidden" name="pid" value="シナリオの番号(pid)">

各登録項目のname属性(name="")

必ず以下の例に従って設定してください。

お名前(姓名分ける場合) 姓 name1
名 name2
※姓名を分けない場合は「name1」としてください
メールアドレス email
その他の項目は fld1~fld8 long1~long4 opt
submitボタン sbm
関連記事