新しい管理画面のオンラインヘルプを見る
トップページ > 管理メニューから探す > 配信管理 > 配信エラーの場合の処理方法について

配信エラーの場合の処理方法について

再送処理を10回繰り返し、それでも送信できなったものをerrorとしています。

「エラーメールの転送先」を空欄にすると、エラーメールは
オートビズのサーバに返りエラーメールの本文を解析して、次のように自動処理を行います。

宛先不在・受信拒否のエラーメールの場合 ⇒ 配信を解除(状態の表記は「不在」)
それ以外のエラーメールの場合      ⇒ 配信を待機(状態の表記は「Error」)

不在、エラーの原因については、こちらもご参考ください。
不在、Errorの原因について

関連記事