トップページ > 活用TIPS > 解除フォームの作成方法

解除フォームの作成方法

以下の例を参考に作成ください。

※解除完了ページの文字コードは「Shift-JIS」のみの対応となります

※<INPUT type="hidden" name="pid" value="1">の「value="1"」は
 該当シナリオ番号(pid)が1であることを意味します。
 該当シナリオ番号(pid)に変えてください。

※<FORM>タグ内の「アカウント名」は実際のアカウント名を入力ください

※「××」部分はお使いのサービスのURLにある数字(24や55等)を記載してください

<FORM action="https://××auto.biz/アカウント名/mail_cancel.php" method="POST">
<INPUT type="hidden" name="pid" value="1">
<TABLE width="500" border="0" align="center" cellpadding="3" cellspacing="1" bgcolor="#aaaaaa">
<TR>
<TD colspan="2" align="center" bgcolor="#e5e5e5"><B>メール配信解除</B></TD>
</TR>
<TR>
<TD colspan="2" align="center" bgcolor="#FFFFFF">ご登録のメールアドレスを入力し、解除ボタンを押してください</TD>
</TR>
<TR>
<TD bgcolor="#f2f2f2" width="180"><B>登録メールアドレス</B></TD>
<TD width="360" bgcolor="fafafa">
<INPUT type="text" name="email" size="40"></TD>
</TR>
</TABLE>
<p align="center">
<input type="submit" name="sbm" value="解除">
</p>
</FORM>

●解除ボタンの表記を変える際は、以下の記述を参考に記載ください。

▼変更前
<input type="submit" name="sbm" value="解除">

▼変更後
<INPUT type="hidden" name="sbm" value="解除">
<INPUT type="submit" value="変更後の表記">

システム側で、name属性は「sbm」、value属性は「解除」となっていない場合は、
解除処理を行わない仕様になっているため隠し属性(hidden)で
「sbm」と「解除」を指定することでsubmitは自由に表記できるようになります。

また、ページの文字コードは「Shift-JIS」のみの対応ですが、
「Shift-JIS」にできない場合は

▼変更前
<input type="submit" name="sbm" value="解除">

▼変更後
<input type="hidden" name="sbm" value="cn">
<input type="submit" name="submit" value="解除">

のように変更してください。

※解除フォームは指定したシナリオのみが解除になります。
 なるべく「解除完了ページ」で同時解除の設定を行ってくださいますよう、お願いいたします。

関連記事