新しい管理画面のオンラインヘルプを見る
トップページ > 活用TIPS > 初期値や桁数を指定して登録者に連番(ID)を設定する方法

初期値や桁数を指定して登録者に連番(ID)を設定する方法

登録時に1から順に自動的に振られる番号(uid)の他に、桁数や初期値を自由に設定した連番(ID)を振ることができます。

連番はメールや登録完了ページに挿入することもできますし、登録者データとしてデータベース化されます。

登録者固有のIDとして告知したい場合などにお使いください。

設定方法

1.登録ページ作成メニューから設定するシナリオの登録ページ作成画面を開きます。
2.「項目追加」ボタンをクリックし、項目を追加します。
3.新しく追加した項目に、次のように設定を行います。


-----------------------------
■項目名:任意
■name属性:任意
■type属性:hidden
■value属性:id(5,1000)
-----------------------------

▼設定例


<value属性の設定について>

id(桁数,初期値) の形式で設定します。

自動採番されるIDは、

uid + 初期値 - 1

の値を指定した桁数で表わしたものになります。
例:初期値が1000で、5桁のIDにする場合

id(5,1000)

最初の登録者(uidが1)のIDは、
(1 + 1000 - 1)で「01000」となります。

既に他の項目で使用されているname属性は、変更しないでください。
変更すると、これまでの登録者のデータが消えてしまうことがあります。
また、追加した項目には、他の項目で使われていないname属性を割当ててください。


■注意事項
ID自動採番のための記述 「id(5,1000)など」が有効になるのは、
type属性としてhidden を選択したときだけです。

<メールへの差込について>
配信文にIDを差し込む場合は、名前やメールアドレスを差し込む場合と同じく
[[fldx]]のように記載してください。

例:あなたのIDは [[fld1]] です。⇒あなたのIDは 01000 です。

関連記事