新しい管理画面のオンラインヘルプを見る
トップページ > 活用TIPS > ステップメールの活用法 > 登録確認メールのURLをクリックしてもらうことで、本登録させたい

登録確認メールのURLをクリックしてもらうことで、本登録させたい

会員登録サイトなどによくある、

フォームから仮登録

登録確認メール内に記載されているURLをクリックすることで、正式登録


という仕組みを作ることができます。

設定手順

●登録フォームの設定

(1)
「登録ページ作成」で、name属性「rgst」の項目を追加します。
※登録ページの項目に予め「rgst」の項目がある場合は、追加の必要はありません。

(2)
(1)の項目を、以下のように編集します。

【項目名】 : ダブルオプトイン(管理上の名前なので、何でもOK)
【name属性】:rgst
【type属性】:hidden
【value属性】: optin(2)
※「start」「edit」との併用はできません

●登録完了ページの設定

「登録完了ページ作成」の【本文】で、メッセージを設定します。

登録完了ページは、フォームからの登録完了直後に表示されるページでもあります。
以下のタグを使って、仮登録が完了した人に向けたメッセージと、本登録が完了した人に向けてのメッセージを変えてください。
※両方とも、【本文】に記載してOKです。

▼仮登録が完了した人に表示するメッセージ(メッセージを<ENT></ENT>で囲う)

<ENT>
ご登録ありがとうございました。<br>
登録確認メールをお送りしましたので、記載されたURLから正式登録を行ってください。
</ENT>

▼本登録が完了した人に表示するメッセージ(メッセージを<UPD></UPD>で囲う)

<UPD>
ありがとうございます。<br>
正式登録が完了しました。
</UPD>

●ステップメールの設定
仮登録が完了した後の登録確認メールと、本登録が完了した後のメールを作ります。

(1)
「配信文作成」の1通目と2通目の配信時期、待機設定を以下のようにします。

ステップ 配信時期 待機設定
1 (間隔で指定)登録から0分後 off
2 (間隔で指定)登録から0分後 on

※2ステップ目は、本登録用のURLがクリックされたら自動的に配信されます

(2)
1ステップ目に、本登録をさせるためのURLを記載します。
【本文】に必ず、[[registurl]](レジストURL)を挿入してください。
(「差込項目」から簡単に挿入できます)

件名や本文は、それぞれ、仮登録や正式登録が完了したことが分かる内容にしてください。

[1通目の設定例]

件名 仮登録完了のお知らせ
本文 ××にご登録いただき、ありがとうございます。

入力されたメールアドレス:[[email]]

以下のURLをクリックして登録を完了してください。
[[registurl]]
配信間隔 間隔で指定 登録から0分後
待機 チェックを外す

[2通目の設定例]

件名 本登録完了のお知らせ
本文 [[email]]さま

××にご登録が完了しました。
ありがとうございました。
配信間隔 間隔で指定 登録から0分後
待機 チェックを入れたままにする
関連記事