トップページ > 管理メニューから探す > 他サービス連携 > ZEUS > クレジット決済サービスZEUSと連携させる

クレジット決済サービスZEUSと連携させる

※この機能を使う場合、自作の完了ページはご利用できません。
※本機能をご利用いただくには、別途、ZEUSさまとのご契約が必要になります。

クレジット決済サービスZEUSとパワーステップメールを連携させるための設定手順をご紹介します。
また、決済完了後にステップメールを自動配信(再開)させることもできます。

<活用例>

セミナーやイベントの申し込みと一緒に、参加費を決済してもらう

情報商材のダウンロードURLを記載したメールをステップメールの1通目にセットし、決済が完了したら自動配信、その後のフォローもステップメールで行う

有料メール講座としてステップメールで複数回のメールを用意しておき、決済が完了したらメール講座を自動で配信スタート

決済連携設定の大まかな手順は以下の通りです。
※ステップメールの自動再開が必要ない場合は、5.以降の設定は必要ありません。

●パワーステップメールの設定
【オートレスポンダーの設定】
1.登録ページの設定
2.登録完了ページの設定
3.自動返信メールの設定
4.決済連携の設定
【ステップメールの設定】
5.シナリオ作成
6.登録ページの設定
7.配信文の設定
8.オートレスポンダーとステップメールの接続設定
●動作テスト

パワーステップメール管理画面の設定

手順1.登録ページを設定する

オートレスポンダー側の「登録ページ作成」メニューで、フォームに決済をしてもらう金額を設定します。(金額にカンマ「,」は入れないでください)
フォームの項目が足りず、購入してもらう金額が固定の場合、金額の設定は必要ありません。

ステップメールと連携させたい場合、ステップメールに引き継ぎたい項目のname属性を「fld1~fld12」に割り当ててください。以下のように、商品と金額を紐付ける設定することで、複数の商品から1つを選んでもらうこともできます。

▼設定例

項目名 name属性 type属性 value属性
購入商品 fld5 ラジオボタン 商品A;商品B
金額 fld6 hidden fld5(1000,2000)

 

手順2.登録完了ページを設定する

オートレスポンダー側の「登録完了ページ作成」メニューで、登録完了ページの設定をします。
【本文】に、申し込み受付が完了した旨のメッセージを入力し、【文字コード】は「UTF-8」を選択します。
※「スマートフォン」の完了ページも忘れずに設定してください。

手順3.自動返信文を設定する

オートレスポンダー側の「自動返信文登録」メニューで、申し込み受付完了メールを作ります。
<ご参考>支払い方法によって、登録完了ページや返信メールの内容を変える方法

 

手順4.他サービス連携を設定する


「他サービス連携」メニュー > ゼウス から、ZEUSとの連携設定をします。

(1)
ZEUSの加盟店IPコードを入力します。
(2)
フォーム作成時に金額を設定した場合、「フォームの項目から選ぶ」で、額を設定した項目名を選んでください。
設定をしていない場合は、金額を直接入力してください。(金額にカンマ「,」は入れないでください)
申込者のメールアドレスや電話番号等をZEUSの決済画面に表示させておきたい場合は、フォームの入力項目を選択してください。
表示させなくても良い場合は、「選択」のままで大丈夫です。
(3)
決済ボタンの上に表示させるメッセージを入力します。
(4)
決済ボタンの文言を入力します。
(5)
「登録完了ページで自動挿入する。」にチェックを入れると、
お客様が実際にフォームから登録をされた際、登録完了ページの【本文】より上の部分に決済ボタンが表示されます。
ボタンを好きな位置に表示させたい場合は、「登録完了ページで自動挿入する。」のチェックを外し、設定を登録します。
『決済ボタンタグ記述例』ボタンをクリックし、表示されたHTMLタグを選択&コピーして登録完了ページに貼り付けてください。

▼(5)で「登録完了ページで自動挿入する。」にした場合の登録完了ページサンプル
(登録完了ページの【本文】より上部分に、決済ボタンが表示されます)

<ユーザー様側で登録完了ページに決済タグを貼り付ける際の注意点>

・入力欄を[ソースモード]にしてタグを貼り付けてください。
・フォームをスマホ対応にしている場合、スマートフォン用の本文にもタグを貼り付けてください。
・商品名や金額などの変更をする際は、貼り付けた後のボタンHTMLソースをご変更ください。

(6)
決済完了後、ステップメール配信文1通目のメールを自動で送りたい場合は「決済完了後にステップメールを自動配信」にチェックを入れます。


手順5.シナリオを作る

決済完了後にメールを送るため、シナリオを追加します。

 

手順6.ステップメール側の登録ページを設定する

オートレスポンダー側に登録されるデータから引き継ぎたいものを、項目として設定します。
※オートレスポンダーから引き継げるのは、name属性fld1~12までの項目です。

 

手順7.配信文を設定する

「配信文設定」メニューで、
カード決済が完了したときのみ、自動でメールが配信再開されるようにするため、1通目の配信文は「間隔で指定」登録から「0分後」「待機on」、2通目以降の配信文は、待機offで設定します。

別途、『基本設定』でメール送信者や署名、登録通知送信先の設定を行ってください。

 

手順8.オートレスポンダーとステップメールの接続設定をする

オートレスポンダー側の「自動返信文登録」メニューで、作成したシナリオに接続をするよう、設定を行います。

 

動作テスト

動作テストは下記ZEUS社さまにお問い合わせいただき、テストの日程を決めてから
テストカード情報を使用し、接続設定と動作テストを行ってください。

▼株式会社ゼウス ホームページ
http://www.cardservice.co.jp/

手順1.テスト登録をする


スレッド管理メニューから、今回作成したフォームを開き、テスト登録をします。

手順2.決済ボタンをクリックする


フォームの登録後、完了ページに決済画面に進むためのボタンが表示されていることを確認し、クリックします。

手順3.決済をする


ステップメール自動再開の動作を確認するため、表示された決済画面で決済をします。

手順4.メールの自動再開ができているか確認する

決済完了後、パワーステップメールの管理画面で「配信管理」メニューを開き、以下のどちらかになっていることをご確認ください。

[パターン1]次ステップが「1」 状態が「稼動2」になっている
→ZEUSから決済完了の信号が届き、メールを自動再開しようとしている状態
[パターン2]次ステップが「2」 状態が「待機」または「稼動」になっている
→ZEUSから決済完了の信号が届き、自動再開が完了した状態
(配信文の2通目以降に、待機設定がoffのメールがある場合は「稼動」になります)

※カード決済以外の方法でご入金された方には、「配信管理」メニューから、配信再開を行ってください。

関連記事