トップページ > 活用TIPS > チェックボックスで商品を選ばせる

チェックボックスで商品を選ばせる

1回の注文で複数の商品を買わせたい場合に有効です。
フォームの設定から、設定を行います。

■例:テキストAが選ばれた場合500円、テキストBは1000円、テキストCは1500円を設定

(1)
商品選択の項目として、項目を1つ追加し、編集します。

選択肢は「半角カンマ(,)」で区切ります。
選択肢を改行させたい場合は、「半角セミコロン(;)」で区切ります。

▼設定例

項目名 購入商品
name属性 自動で割り振られたname属性のままでOK。例として、「fld6」とします。
type属性 チェックボックス
value属性 テキストA,テキストB,テキストC

(2)
商品金額の設定のため、チェックボックスの選択肢の数分、項目を追加します。
(例の場合、テキストA、テキストB、テキストCで3つ項目を追加)

各商品の金額を設定する項目の【value属性】に、以下の計算式を入力することで、
該当の商品がチェックされた場合のみ、金額を設定することができます。

=strstr([[name属性]],"チェックボックスの値")? 金額:0

▼各項目の設定例

項目名 テキストAの金額
name属性 自動で割り振られたname属性のままでOK。例として、「fld7」とします。
type属性 hidden
value属性 =strstr([[fld6]],"テキストA")? 500:0
項目名 テキストBの金額
name属性 自動で割り振られたname属性のままでOK。例として、「fld8」とします。
type属性 hidden
value属性 =strstr([[fld6]],"テキストB")? 1000:0
項目名 テキストCの金額
name属性 自動で割り振られたname属性のままでOK。例として、「fld9」とします。
type属性 hidden
value属性 =strstr([[fld6]],"テキストC")? 1500:0

(3)
商品金額の合計を出す項目として、項目をさらに1つ追加し、編集します。

▼設定例

項目名 合計
name属性 自動で割り振られたname属性のままでOK。
type属性 ¥計算
value属性 =[[商品単価のname属性]]+[[商品単価のname属性]]
(例:=[[fld7]]+[[fld8]]+[[fld9]])

実際のフォームの例


テキスト購入フォーム
お名前
メールアドレス
購入テキスト

支払い方法
関連記事