トップページ > トラブルシューティング > 実際に配信される日時をシュミレーションする

実際に配信される日時をシュミレーションする

!注意事項!
※配信プログラムは10分間隔で実行される為、
 実際の配信開始は最大10分程度ずれる可能性があります。
※配信対象が多い場合、さらにずれる可能性があります。
 (10分毎に100通ずつ配信。以降順番待ち)
配信予定日時が前回配信日時よりも前であった場合、即時配信となります。

設定した配信文が実際にいつ送られるのか、確認することができます。

「配信文作成」メニューの配信文一覧画面で、「配信シミュレーション」ボタンをクリックしてください。

「配信シミュレーション」をクリックすると、以下のような画面が表示されます。

配信シミュレーション

起算日時(登録日)を入力し、「計算開始」ボタンをクリックすると、配信予定日時の項目にシミュレーション結果が表示されます。

待機設定が「on」になっている場合、【待機…】となっている箇所に配信再開処理をする日時を入力し「再計算」を押すと、その後の配信スケジュールも表示されるようになります。

配信管理メニューにある「次回配信日時」を指定して配信再開をしたい場合は
『次回配信日時を指定して配信再開する』にチェックを入れてから「再計算」を押してください。

配信時期設定から算出される予定日時と、調整が行われた実際の配信予定日時が異なる場合、調整後の日時が赤色で表示されます。

※配信文の待機設定が「off」になっていて赤文字が続いている場合、その分のメールが一気に配信されてしまいます。意図する配信で無い場合は、配信時期の設定を見直してください。

関連記事