トップページ > トラブルシューティング > 不在、Errorになる原因は?

不在、Errorになる原因は?

【不在となる場合】

 ・アドレスが存在しない(相手サーバが存在しない場合も含む)
 ・相手先サーバのディスク容量不足など
 ・相手先(ユーザ)から受信拒否されている
 ・相手先(サーバ全体)から受信拒否されている
 ・相手先アドレスから別のアドレスに「自動転送」設定などがされているが
  その転送先が不在
 ・etc

【エラーとなる場合】
 ・通信障害などで、処理が中断された
 ・タイムアウトなどで処理が完了できなかった
 ・etc

 【注意】
 Errorであっても、その原因となる事象が解決されない限り
 何度再送しても届きませんのでご注意ください。

対策方法のご案内

不在になった方には以下の対策を行ってください。

 ・ご登録者さまに受信設定を行ってもらうようご案内ください
 ・送信者アドレスで「なりすまし対策機能」をご利用ください
 ・独自ドメインをご利用の場合はドメイン管理画面で「SPFレコード」を設定してください

Errorになった方には以下の対策を行ってください。

 ・時間をおいて再送してください

 ※しばらく経ってもErrorになる場合はご登録者さまに
  メールアドレスの変更をご依頼ください

問題が解決された場合の再送方法

<不在、Errorの方に配信したい場合>
受信拒否の場合
→登録者さま側で受信設定していただいた上で「不在者再開」処理を行う

登録アドレスの誤り場合
「登録アドレス」、「状態」を変更する

関連記事