トップページ > やりたいことから探す > アドレス(リスト)を一括登録したい > 手持ちのリストを一括登録(アップロード)する

手持ちのリストを一括登録(アップロード)する

リストの一括登録は、以下の3ステップで行えます。


STEP1.登録ページを作成する
 
STEP2.一括登録するファイルを作成する
 
STEP3.ファイルをアップロードする

STEP1.登録ページを作成する

「登録ページ」を作成します。

※一括登録した読者にしかメールを送らない場合でも、
 読者データを保存するために登録ページを作成する必要があります。
※既に登録ページが作成されている場合は、STEP2にお進みください。

(1)「ステップメール」メニューの【登録ページ作成】をクリックして開きます。

(2)「シナリオ名」を選択し、[編集]をクリックします。

 ※シナリオをまだ作成していない場合は、
  こちらのページをご参考にシナリオを作成してください。

(3)初めは「お名前」「メールアドレス」のみが登録できる設定となっているため、
  「生年月日」や「性別」など、他に登録するデータがある場合は項目を追加してください。

 姓名を分けて登録する場合は、お名前の項目が2つ必要になります。
 項目を一つ追加し、追加した項目のname属性を「name2」にしてください。

 <ヘルプ>入力項目を追加する(ステップメール)

(4)[登録/削除]ボタンをクリックして設定を保存します。

STEP2.一括登録するファイルを作成する

一括登録するアドレスリストをExcelやNumbersなどの編集ソフトで開き、
データの並び順を「STEP1」で作成した登録ページに合わせます。

登録ページの1行目はExcel等で見たときにはA列、2行目はB列・・・
という形で、登録ページに合わせて左から詰めて並べます。

▼登録ページ設定例

【登録ページ作成】画面で並び順を確認します。

▼Excelでリストを表示した場合

確認した並び順に合わせて、リストを並び替えます。

並び順を合わせたアドレスリストを、CSV形式で保存します。

<Excelの保存方法>
(1)「ファイル」をクリックします。
(2)「名前を付けて保存」をクリックします。
(3)「参照」をクリックしてファイルを保存する場所を指定します。
(4)「ファイル名」を入力し、「ファイルの種類」を「CSV(カンマ区切り)」にします。
(5)[保存]をクリックします。

<Numbersの保存方法>
(1)「ファイル」メニューから、
 「ファイル」>「書き出す」> [ファイルフォーマット] と選択します。
(2)CSVを指定します。
(3)「次へ」をクリックし、ファイル名を入力します。
(4)「場所」メニューから、スプレッドシートを保存する場所を選択します。
(5)「書き出し」をクリックします。

※Excel、Numbersを含め、保存方法の詳細は
 使用ソフトのヘルプページなどをご参照くださいませ。

STEP3.ファイルをアップロードする

「配信先一括登録」で、リストを登録するシナリオ、開始ステップ、配信日時等を設定します。

画面上部、「登録先」を設定します。

(1)シナリオ名 登録するシナリオを選択します(必須)
(2)配信状態 登録者の配信状態を選択します
 <配信状態について>
  ・待機 ・・・ 配信を待機(一時停止)している登録者
  ・稼動 ・・・ 配信中の登録者(待機設定がしてある場合は適応)
  ・稼動2 ・・・ 配信中の登録者(待機設定は無視して配信)
配信後は通常の稼動状態に戻ります。
  ・解除 ・・・ 配信解除者
(3)重複登録 同一メールアドレスの二重登録を禁止します
(4)開始ステップ 開始ステップ(何通目から配信するか)を選択します
(5)配信開始日時 リスト登録後の配信開始日時を指定します

   

「CSVファイルからの登録」で、一括登録するCSVファイルを選択してアップロードします。

 

(1)「参照」ボタンをクリックして、登録するファイル(CSV形式)を選択します

(2)「アップロード」ボタンをクリックして登録します

  登録が完了すると、画面の下に登録された件数が表示されます。
  「0件のデータを登録しました」という表示の場合はこちらをご覧ください。

関連記事