メールの文字コードについて

メールの文字コードを変えるとどうなるの?

文字コードによって、メール内で使える文字の種類が変わります。

「Unicode(UTF-8)」では、中国語や韓国語などの他言語や、環境に依存する文字(①、㈱、髙、半角カタカナなど)を使ったメールが送れますが、受信者のメールソフトが対応していないと、メールの内容が全て文字化けしてしまいます。

外国語のメールを送受信する際は、メールを作成するPC等に当該言語のフォントがあり、受信者側も当該言語に対応していることが必須となります。

国内の受信者向けにメールを送る場合は、基本的に「ISO-2022-JP」をご利用ください。

[他言語で配信したメールの例(Gmailで受信)]

どんな場合に「Unicode(UTF-8)」を使うの?

・英語以外の外国語でメールを送りたい
・海外に住んでいる日本人向けにメールを送りたい
・丸数字①、②、㈱、髙、﨑などの環境依存文字を使いたい

設定方法

<自動返信文の文字コード設定方法>
(1)「自動返信文登録」メニューをクリックします。
(2)【メールの文字コード】を変更します。

<自作登録通知の文字コード設定方法>
(1)「自動返信文登録」メニューで[自作登録通知]をクリックします。
(2)【メールの文字コード】を変更します。

<ステップメールの文字コード設定方法>
(1)「配信文作成」メニューの『基本設定』ボタンをクリックします。
(2)【メールの文字コード】を変更します。

<メルマガの文字コード設定方法>
(1)新規メルマガの作成画面、または、メルマガ設定の編集画面を開きます。
(2)【メールの文字コード】を変更します。

関連記事